産業技術大学院大学
革新的な教育の枠組み
ライフスタイルに合わせた学修方法
短期集中型履修のクォータ制
本学では、専門的知識や技能を短期間に集中して修得できるよう、1年を4期に区分するクォータ制を採用しています。各科目は週2回講義を行うことで、約2カ月で履修することができます。
クォータ制の採用は、社会人学生の皆様に対しても、短期間で1つの科目を履修できるメリットがあります。クォータの日程は毎年調整されます。
長期履修制度
本学では、仕事の都合や育児、長期介護等の事情により、標準修業年限(2年)で修了することが困難な方で、かつ、3年間での履修を計画している方を対象として、長期履修制度を実施します。長期履修は許可を受けた学生に対して、3年間の修業年限を認める制度です。3年間でお支払いいただく授業料は、2年分の授業料です。
講義支援システム(e-learning)
本学では多くの社会人学生を受け入れています。平日夜間及び土曜日に講義を実施し、社会人学生が仕事を終えてからでも受講可能な授業時間を設定しています。また、e-Learningシステムを利用した講義支援を積極的に行っており、全ての講義はビデオ録画され、遠隔からの視聴が可能です。

システムは講義に関する質問の受付、演習課題の提出等にも利用され、時間に制約のある社会人学生の学修をサポートする様々な仕組みが用意されています。なお、単位取得・修了には正規授業への出席が必要です。
AIIT単位バンク制度
AIIT単位バンクを利用することで、時間に制約のある社会人の方なども、ライフスタイルに合わせて計画的に学修し、学位を取得することができます。
AIIT単位バンクとは、科目等履修生として修得した単位を蓄積し、正規学生として入学した際に活用する制度です。
KHP(10年間無料視聴制度)
本学では、録画された授業をビデオライブラリ化しています。このビデオライブラリを有効活用し、めまぐるしく進歩する産業技術に関する情報をe-learningコンテンツとして修了後10年間無料で視聴可能とする制度(AIIT Knowledge Home Port 制度)を導入しました。
認定登録講師制度
この制度は、高度専門知識を有する人材を認定登録講師として登録し、機会があれば、産業技術大学院大学の講演、講義等をご依頼するというもので、本学の修了生、非常勤講師、外部講師などが対象となります。
本学の認定登録講師として認定されますと「産業技術大学院大学(AIIT)認定講師」と称することができ、さらに本学の図書館その他必要な施設を利用することができます。
履修証明プログラム
平成19年度の学校教育法改正により、大学等における「履修証明制度」が創設されました。履修証明プログラムの特徴は、主に以下の3点です。

学位プログラムに比べ、より短期間に修得することが可能です。再就職やキャリアアップに役立つ社会人向けの教育プログラムです。プログラム修了者には、学校教育法に基づき履修証明書が交付されます。
科目等履修生制度
正規の学生の他に、大学院の正規の授業を受講して単位を取得する制度です。特定の科目を受講して、最先端の知見・スキルを修得することにより、その成果を実務に活用することができます。
ページトップへ戻る 
  コンピテンシーとPBL
  グローバル化への対応
  ライフスタイルに合わせた学修方法
  教育の質の向上のための活動
  キャリア開発支援
資料請求
  革新的な教育の枠組みトップへ
  サイトトップへ
  交通案内
  お問い合せ
  プライバシーポリシー
© Advanced Institute of Industrial Technology All Rights Reserved.