産業技術大学院大学
革新的な教育の枠組み
キャリア開発支援
キャリアパス
産業技術大学院大学は、情報アーキテクト、ものづくりアーキテクトという産業界で活躍するプロフェッショナル人材の育成をミッションとしています。この意味では、実践的な教育により有能な人材を育成するとともに、育成した人材と活躍する産業界という場とをつなぐことが重要です。

学生が修得した専門的知識とコンピテンシーとをそれぞれ具体的なキャリアに結びつけさらに発展させるため、産業技術大学院大学は「キャリア開発室」を設置し、多様な進路先の開拓、学生個々の状況に対応したキャリア開発の支援を行っています。
具体的には、次のような取組みを行います。
1)産業団体、地元自治体、東京都等と連携した多様な進路先の開拓
2)大学新卒者を対象とした「デュアルシステム(専門分野の企業で働きながら大学院に通学する仕組み)」など、学生の実務経験を獲得させる制度の検討
3)多様な学生の状況に応じたきめ細かい相談、キャリア指導など
4)修了生のキャリアの変化の把握、相談体制など。
情報アーキテクチャ専攻
5年目を迎えた情報アーキテクチャ専攻は、入学者のほとんどが職業を有しており、しかも大部分は何らかの形で情報システムの分野に携わっており、また、修了後もその分野で活躍しています。
初の修了生を送り出した平成20年度にはOB会組織もでき、現役の学生とも交流する体制が整っています。
なお、教員に実際情報システムの分野で活動してきた実務家教員も多いので、学生のキャリア等についての相談等について現場経験を踏まえたきめ細かい対応を行っています。
創造技術専攻
平成20年度開設された創造技術専攻には、職業を有している人以外に、1/3程度工学系・デザイン系大学の新卒者、高等専門学校専攻科の修了者がいます。
大学院は、こうした実務経験のない学生に対しそれを補う経験を積ませる活動を検討していきます。
また、創造技術専攻は、新しい教育分野であるので、その修了生が活躍する場の開拓についても、産業界、行政等と強いつながりを持つ大学の特性を生かし、進めていきます。
創造技術専攻も、実際に産業界で長く活躍してきた実務家教員が多いので、学生のキャリア等についての相談等についてもきめ細かい対応を行っています。
お問い合せ先
キャリア開発室
電話番号:03-3472-7834
ページトップへ戻る 
  コンピテンシーとPBL
  グローバル化への対応
  ライフスタイルに合わせた学修方法
  教育の質の向上のための活動
  キャリア開発支援
資料請求
  革新的な教育の枠組みトップへ
  サイトトップへ
  交通案内
  お問い合せ
  プライバシーポリシー
© Advanced Institute of Industrial Technology All Rights Reserved.